眼瞼下垂(がんけんかすい)の手術

西伊豆眼科クリニックでは眼瞼下垂の手術の多数手がけております。まぶたが下がってきて見えが悪い、や、見た目が悪い、とお悩みの方に、単に上げるだけではなく、美容的に美しく仕上げることを心がけております。

私は以前自分で手術を施行しておりましたが、他の手術が多くなってきたために、今は他の先生に任せております。平成21年5月から中村泰久(なかむらやすひさ)先生を迎え、眼瞼下垂の治療に力を入れております。

中村先生はまぶたの手術では日本で一番と言っても過言ではないほど有名な先生で、実際に手術も非常にうまいです(自分で手術をやっていた大高が自らの目で先生の手術を何度も見て、すごいと感じております)。

トップページへ


眼瞼下垂とは・・・上のまぶたが開きづらい状態を言います。眼瞼下垂になると、上方の視界が狭くなる、暗くなるとおっしゃいます。また、眼瞼挙筋でまぶたを上げられないので、その上にあるおでこやこめかみの筋肉で瞼を上げるくせがつくので、おでこのしわができたり、おでこやこめかみがこるので慢性的に頭痛がしたりといった現象が起こります。

通常高齢者に起こりますが、30代、40代でお悩みの方も多くいらっしゃいます。また、生まれつき上がりの弱い方もいらっしゃいます。

まぶた(漢字では瞼と書きます)の中では、眼瞼挙筋(がんけんきょきん)という筋肉が、まぶたの中、一番下にある瞼板(けんばん)という軟骨についています。この眼瞼挙筋が動くことにより瞼板を上げてくれるので、まぶたが開いています。

眼瞼下垂には2つのパターンがあります。

@眼瞼挙筋が伸びきってしまったり、ひどい場合には眼瞼挙筋が瞼板から外れたりして、まぶたが期待通りに上がらなくなる(狭義の眼瞼下垂、blephaloptosis)

A眼瞼挙筋は正常範囲だが、皮膚がたるんできてるために、まぶたが下がってるように見える(眼瞼皮膚弛緩症(がんけんひふしかんしょう、blephalochalasis))

です。まず、このどちらであるかの診断が非常に重要です。診断は実際に診察しないとなんとも言えないので、メールでは聞かれても答えられないのでご了解くださいね(^^)

  ⇒  

系列の、横浜相鉄ビル眼科医院のホームページに、さらに詳しく紹介しています。西伊豆での受診のしかたも書いてあります。ぜひ一度ご覧下さい。

横浜相鉄ビル眼科医院トップページへ